ヤングジャンプ連載 『華と修羅』 レビュー
 

INDEXへ

下の方へ行くほど最新となります




井上先生の『華と修羅』を思うと
  昂ぶりが鎮まらんのだ・・・。
2010/06/21(月) 00:00


なに、ワールドカップで日本が点を取れない?

黒いサッカーボールを送れば本田がネオタイガーショット覚えるよ。 (挨拶)








さて皆様は 『夜王』 という漫画をご存知でしょうか?

『夜王』 は週刊ヤングジャンプで連載されていたホストを題材にした青年漫画で、

北海道から出てきた一人の青年が歌舞伎町のホスト業界に揉まれつつも

伝説の男・夜王を目指すというストーリー。

一時期ドラマ化された事もあるので知っている方も多いと思われます。

これだけだと 「なんだ普通の漫画じゃないか」 と思われるかもしれませんが

これが読んでみるとわりと本気で普通じゃない漫画であり、

ホストクラブの開店セレモニーが始まったと思ったら

なぜかホストが馬に乗って登場したり、

ホスト四天王なのに3人しかいなかったり、

ヒロインがアメリカに行って修行したのに影響され

主人公が 「俺ももっと広い世界をホストをする!」 と歌舞伎町を出ていき

次は海外にでも行くのかと思ったら

銀座でがんばる!」 とわりと近場に落ち着いてたり、

警察官僚がソープ嬢に 「この肉便器が!」 とか暴言吐いてたかと思うと

心の底ではそのソープ嬢に惹かれており、

最終的にその警察官僚が言ったプロポーズの言葉が



お前さえよければ俺の生涯の肉便器にしてやってもいいぞ・・・

 
いや、なれ!



などと有史以来最低のプロポーズが飛び出す始末。

すごいです。 肉便器だけでも失礼なのにしてやってもいいぞ

田島ようこが聞いたらぶっ飛ばされると思いますが、

こんな事言われて女の方はさぞかし怒るんだろうなと思いきや

その後、2人は幸せに暮らしましたとさ。(市原悦子の声で)







↑有史以来最低のプロポーズ





この他にも夜王には名(迷)エピソードが数多く存在し

私の文章如きでは夜王の魅力の10分の1も伝えきれないのですが、

なかでも欠かせないのが芸術とも言えるコピー技術の存在

漫画家である井上先生はコスト・作業時間削減の徹底を図っており、

一度描いたキャラや背景を縮小・拡大して作品内でコピーしまくる事により

見事、作業時間の短縮に成功しているのです。

決して描くのが面倒くさいわけではありません。

なかには井上先生がちょっと強引にコピーしてしまったせいか

顔と台詞が全く合ってなかったりするシーンも多く、

キャラが着替えたと思ったら次のコマでは元の服装に戻っていたり、

Aが喋ったと思ったらそれを聞いているのもAという

一瞬何が起こったのかわからない展開が始まったりします。

これは先生が悪いんじゃありません。 ついていけない皆さんが悪いのです

よく訓練された夜王ファンともなると1コマ見ただけで

これは何巻の何ページ目のコピーだなとわかったり、

顔と台詞が全く合っていないシーンを見てはほっこりしたり、

この絵は丁寧に描かれてるから後でコピーされるんだろうなと予測したり

大変紳士的な楽しみ方をしておられます。

そんなわけでこの作品はコピー機なしには語れない存在となったわけで、

コピーが少ない回になると2chのスレでも

「井上先生どうしちまったんだ」 「きっとコピー機が故障したんだ」

「コピー機を休ませるために休載させよう」 などと心配されたり、

夜王が最終回を迎えた際は

「おつかれ様、井上先生!」 よりも先に

おつかれ様、コピー機!」 と言われてたりしてました。

そろそろ井上先生はゼロックスあたりから感謝状もらえると思います。










↑井上先生のコピー技術の一例。










↑喋った直後に瞬間移動する修さん。







さて前置きが長くなりましたが、その井上先生の新連載がYJにて始まりました。










華と修羅

画/井上紀良 作/谷本和弘

『夜王』の美麗絵師と新鋭ストーリーテラーが紡ぐ、本格大河ロマン一大叙事詩――
巻頭カラーで開幕! 時は大正、華族・唐房家の庭で
子供たちと水遊びをする青年・慎太郎。 そこに現れた女性は・・・!?





時代は大正! 華族・唐房家を舞台とした大正ゴシック・サーガ!

現代の歌舞伎町を舞台とした夜王からまさかの大正時代というこの連載、

萌えやグラビアばかりに力を入れるYJの中で井上先生の本気度が伺えます。

しかし今回から原作も変わり、セリフも時代がかる大正ということで

あの夜王のテンションは維持できるのかに注目が集まるわけで、

夜王の意思を受け継げるのか? 凡百の作品と成り下がるのか?

果たしてページをめくってみると・・・?



(ペラッ)




































































いつもの井上先生でした。 (・∀・)







さて、夜王ファンとしてもすっかり安心したところ

ストーリーを順に追っていくことに致しましょう。

時は大正、政界・財界を牛耳る特権階級である 『華族』 ―

物語はこの華族のひとつ、唐房(からふさ)公爵の家にて幕を開けます。

話の冒頭、唐房家にて一人の青年が子供たちといっしょに水遊びをしていると

そこに身なりのいい令嬢が通りかかります。

さて、ここまでは多分原作も↑こんな感じの普通の説明文なのでしょうが、

これを井上先生が漫画にすると






こうなるわけで、ほんと井上先生は油断がなりません。

その後この青年はこども達にフンドシを取られ

ご令嬢にチンコを見られるというともだちんこ展開が炸裂。


 主 「あ、フンドシが!」 (ブラーン)

 女 「キャアッ!!」 (タッタッタ)


ここで新規の読者の方はおいおいなんだこの展開は、とお思いかもしれませんが

別に夜王の頃からこうだったので気にしてはいけません。

更に屋敷から怒声が聞こえたので行ってみたら






使用人の分際でアタシの服を着るんじゃないよ!」 と

奥方様 (老女) が使用人 (老女) の服をビリビリ破っておりました。

まだ開始5ページなのにチンコ見せたり老女が老女にひんむかれたりと

かなり間違ったロケットスタートをかました井上先生。

ひょっとしたら掲載誌を漫画ゴラクと間違えてるかもしれませんが、

この使用人は奥方様とサイズが同じなので寸法直しで着てただけとわかり、

青年 (主人公) もほっと一安心。

ここで使用人の老女が 「今日は大事なお客様が来るから挨拶しとき」 と言いますが

主人公が 「顔より先にチンコ見せました」 とカミングアウト。

使用人が倒れたところで場面が変わります。



さてここで唐房家次男の美彦(よしひこ)の登場です。

表紙絵では



なかなか爽やかな笑顔を見せていた好青年の美彦さん。

この美彦はきっと主人公を影で助けるキャラに違いないと思いつつ

ページをペラリとめくってみるとこの次男くん、

今日来る令嬢の事が気になってるのか

他の女とエッチしつつ 「今から昂 (たか) ぶり が鎮まらんのだ!」 と

全国紙1ページを使って鬼畜セリフを吐き捨てました









今から昂ぶりが鎮まらんのだ!」 (ギシギシ)



すごいです。 他の人が見てるなか 「鎮まらんのだ!」。

個人的には新連載でこんな絵描いてる

井上先生に鎮まって欲しいところですが、

というか美彦さん、カラー表紙の



このほっこり顔はどこに行ったのでしょうか。

まぁ美彦さんも昂ぶりが鎮まればこの顔に戻るかもしれません。




さて僕らの願いも空しくまだまだ昂ぶりが鎮まらない井上先生。

次のページでは長男の唐房 新(あらた) が登場します。










唐房家 長男 唐房 新(25)











肉便器さんにソックリ!! (・∀・)


うわぁスゴイよ長男の新(あらた)さん、

絶対肉便器さんのご先祖サマだよ・・・。

そんなわけで主人公(三男)を加えて全員登場した唐房3兄弟。

長男肉便器、次男ほっこり顔、三男ともだちんこと

こんな大正ロマン嫌だなぁと考えさせられる三兄弟ですが、

さてそんな兄弟+奥方様とで本日のお客であるヒロインと食事会でも、

という流れになったところで

ここで思わぬ事件が発生!








なんと唐房家に恨みを持つ男が猟銃片手に立てこもり、

冒頭の使用人(老女)を人質にとっているではありませんか!

男の目は完全にイッており、高そうな壷を猟銃でズドンと割ったあげく

次は壷では済まさんぞ!」 と脅しをかけています。

やけに老女をプッシュする井上先生のこと、

次に狙うのはこの老女の肉壷かもしれません。 (なに言ってんだ)

さてここで唐房家チームは

こんな事件を起こすとは・・・ 頭がおかしいかもしれぬ」 と家族会議中。

個人的に一番頭がおかしいのは井上先生だと思いますが、

「警察を呼ぼう!」 と人質の命を尊重する主人公を尻目に

他の3人は 「あんなクズ相手に警察呼んだらお家の恥」 と

自分達だけで解決しようと試みます。

「この人達ではダメだ!」 と主人公が頼みの父親に電話をかけるも、

そんな瑣末なことで電話をかけるな」 と一蹴される始末。

主人公は無力の念に苛まれるも、使用人を助けられるのは自分しかいないとばかりに

単身立て篭もり犯のいる部屋へと乗り込みます。

その後は犯人が水の入った壷を猟銃で壊したら

水がかかって火薬に火がつかなかったり、

そのスキをついた主人公がなぜか壷で殴りかかったり

最近のセガールでもやらないようなアクションシーンで犯人KO。

これにて一件落着! 犯人は逮捕されたし、人質の老女も助かったし、

いや〜良かった良かった。 (^ー^ )
















ガハァッ!!




と思ったら老女さん、背中から刺されてました

というかこの井上先生の力の入れ方を間違えた大量吐血シーンで

このページだけホラー漫画と化しています。

なおここでこの老女さんは実は主人公の母親である事が判明するため

死に際がもっと綺麗であれば感動的なシーンとなったのですが、

井上先生の現場の判断により感動のかの字も無くなりました。

そしてラスト、この唐房家の主で主人公の父親である

唐房 毀(こわし)が登場するも、

主人公に 「顔が血で汚れてるから洗いなさい」 と一言で終了。

使用人として自分を支え、目の前で死んでしまった母親。

そしてたとえ妾(めかけ)とはいえ愛したはずの女の死を目の当たりにして

たったそれだけ言って部屋を出て行く父親に、

主人公はただただ身分の差というものを痛感するのだった・・・。

( 『華と修羅』  第1話 完 )








・・・はい、といったわけでお送りしました井上先生の新作 『華と修羅』 第一話。

1ページ目から水死体だったり老女ひん剥いたり昂ぶりが鎮まらなかったりと

井上先生がベストを尽くしちゃった見所多い1話となりました。

また期待のコピーの方も既に20箇所ほど存在しており、

1話目ということで井上先生も作画に気合が入ったのか

将来楽しみなコピー予備軍も多数見受けられるため

またコピー機をフル活用する毎日が始まると思われます。

萌えだのAKB48のグラビアだのと軟弱な企画が多いヤングジャンプにおいて

俺の漫画を見ろォ!」 とばかりに一人気を吐く井上先生。

確かにインパクトあるシーンや絵柄が目をひきますが、

実際ストーリーを追ってみても主人公の生い立ちや今後の成り行きにも興味があり

YJの連載陣の中でも今後注目であることは間違いなし!

僕はこの漫画が好きだ! 僕はこの漫画を応援したい!

1週でも長くこの漫画が続くことを願って、

僭越ながらこの遊星応援させて頂きます!!

頑張れ! 頑張れ!!

頑張れ! 頑張れ!!
























・・・コピー機。







井上先生の『華と修羅』レビュー (第2回) 2010/06/26(土) 12:00


週刊ヤングジャンプで先週から連載が始まった井上先生の 『華と修羅』

この漫画にはぜひとも夜王以上に連載を続けてほしいため、

人気を獲得するためにはどうすればいいかを私的に真面目に考えてみました。






 1. タイトルを 『華と修羅』 から 『はなしゅら!』 に変える。



 2. 主人公を女子高生に変えて、部活したり勉強したりする平凡な日常を

    淡々と描くだけのほのぼの漫画にする。



 3. コピー禁止。






・・・ここまで考えた結果、井上先生が1と2はともかく

コピーだけはやめるわけがないと気づいたため、

この話は無かったことにしてください。





それではいきましょう! 前回単発でちょこっとレビューしたつもりが

なぜか毎週やることになってしまったこの企画!







大正ゴシック・サーガ

『華と修羅』 レビュー
 (第2回)




はいそういうわけでね、世間がワールドカップで盛り上がってるなか

なんでこのレビューをやってるのか自分でもわかりませんが、

ともかく先週から始まりました井上先生の新作、『華と修羅』。

井上先生も夜王が終わって少しは自重するのかと思ったら

ヒロインの前でチンコがポロンというともだちんこ展開が始まったり、

老女が老女をひん剥いたり肉便器さんが再登場したり

感動シーンのはずがホラー漫画並みのスプラッタになったりと

グラビアのAKB48がかわいそうになるくらい遠慮のなかった井上先生。

更に先生はなにをトチ狂ったのか次男を表紙で



こんないい人そうな顔で描いておいて、いざ初登場シーンとなったら

女中を犯しながら 「昂ぶりが鎮まらんのだ!」 などとクソ台詞を吐かせる始末。

鎮まってないのは先生の方だと言いたくなりますね!







今から昂ぶりが鎮まらんのだ!」 (ギシギシ)




先生はもっとその・・・ 手心というものを・・・


とはいえ夜王ファンからしてみればここまでは想定の範囲内であり、

第2回の内容を思うと我々としても今から昂ぶりが鎮まらないわけです。

そんなわけで『華と修羅』 第2回ですよ!

新連載第1回目からあれだけ読者を楽しませてくれた井上先生。

さてさて今週はどんな展開かな〜と鼻歌気分でヤングジャンプをめくると・・・


(ペラッ)












おいこれ新連載第2回目の表紙か。

怖い怖い! 歴代ヤングジャンプ漫画の表紙でも屈指の怖さですよ!

新連載第2回目の表紙といえば主人公とヒロインのツーショットとか

普通は華やかな絵をもってくるのが常識ですが、

我らが井上先生は血染めの親子でツーショット

更にわざわざ怖いフォントで 『死だけは平等だと、誰が言ったのか』 まで書いてます。

私的にはこんな表紙にしろと、誰が言ったのかと聞きたくなりますが、

ともかく相変わらず1ページ目から飛ばしまくってる井上先生。

さて本編の内容を見ると、母親が殺されたにも関わらず

顔が汚れておるぞ。 洗ってきなさい」 の一言で済ませた父親に対し

身分の差というものを痛感した慎太郎 (主人公)。

いくら死んだのが妾(めかけ)とはいえ、母親に対し一言あってもいいのではないか。

納得のいかない慎太郎は 「お待ちください!」 と父親に掴みかかろうとしたところ

そこへ 「見苦しいぞ慎太郎!」 と横から止めに入った男が!











肉便器兄さん!!


ズバッと両手を横に突き出して相手を止めるという

肉便器兄さんの肉便器ディフェンスが炸裂!

すごいです。 こんなポーズでディフェンスされたらどんな攻撃も止められます。

この肉便器兄さんによるイタリアも真っ青のカテナチオ、

通称肉ナチオの前にさしもの慎太郎も前に進めません。








↑エターナルフォース肉ナチオ。 相手は死ぬ。





それでも父親に一言を、と思い食い下がるも

やめぬかぁ!(バキッ)」 と肉便器兄さんにぶん殴られる慎太郎。

知性派と思いきや強烈な肉パンチをぶちかます肉便器兄さんに

それでも諦めようとしない慎太郎ですが、

ここで次男のほっこり兄さんが俺の出番だぜ!とばかりに

倒れた慎太郎にストンピングキックを繰り出します。








いったいったぁー! ほっこり兄さんがいったぁー!!


既に虫の息である慎太郎に対し容赦ない蹴りを浴びせるほっこり兄さん。

ドガッ ドガッ の擬音からしてその気合の入り具合がハンパじゃないぜ!

これはもうQTSですよQTS!!


( QTS = 急に 昂ぶりが 鎮まらんので


慌ててヒロインがQTSを止めに入るも、そのまま気を失う慎太郎。

気付いたときには既に日も暮れ、母親はもう火葬場に送られたとのことで

慎太郎はフラフラになりつつも火葬場へと向かいます。

一方その頃唐房家では、暴漢が捕まったということもあり

新聞社の人たちが慎太郎以外の唐房家チームに取材を行っておりました。







 「何でも暴漢は侯爵に恨みを持っていたのだとか・・・


 「うむ、このような事態を招いたのは私の不徳の致すところ。

  しかし奴の銃口が一般庶民に向けられなくてよかったのは

  不幸中の幸いと言えるだろう



取材に対し真摯に受け応えする父親・毀(こわし)侯爵。

華族という高い身分でありながら決して上から目線でもなく

「庶民に危害が及ばなくて良かった」 と中々の度量を見せる毀パパ。

それにに引き換え







唐房家は先祖代々武家のお家柄!

 さのような暴漢を捕らえるのは造作も無いことですわ!









さよう、兄上の統率が見事の一言!

 猟銃なぞに臆する者なぞこの唐房家には一人もおりません!



やめよ美彦・・・。 暴漢一人捕らえただけでそうも得意になるでない








は! 兄上の前では己の矮小さを痛感いたします。

 申し訳ありません!



さすがは若くとも侯爵の血を引くお方々だ





なんだこの茶番。


前回暴漢をやっつけたのは慎太郎が身体を張ったおかげなのに

唐房家は武家のお家柄だの兄上の統率が見事だのと茶番のオンパレード

庶民の心配をしたパパンと違い自分達をアピールするのに必死です。

大体肉便器兄さんは前回棒立ちでずっと役立たずだったのに

「兄上の統率が見事!」 って逆に嫌味になってるわけで、

それに対して兄さんが 「得意になるでない」 とドヤ顔なのはどういう事でしょうか。

だって今回のワールドカップでフランス人に 「フランス強かったよね!」 って言ったら

フランスパンでぶん殴られるよね?

またこのページは例によって背景がコピーなのですが、






このコマでは玄関が高く描かれてるのに対し、






このコマでは玄関と頭の位置がほぼ同一となっています。

コピーの魔術師の異名を持つ井上先生が

こんな単純なコピペミスを犯すはずがありませんので、

これはきっと遠近感がおかしいか建物が沈んでいる途中か、

もしくはこの3人の身長が急に伸びただけだと思います。

これ以外にもコピーがおかしいコマがたくさんあるのですが

まぁコピーの無い井上先生の漫画なんて

ダバディのいないトルシエみたいなもんなので

いちいち気にしてはいけません。




さて場面変わって主人公サイド。

慎太郎がフラフラになりつつ火葬場に駆けつけるも、既に火葬は終わっており

慎太郎は母親の骨が入った骨壷を前に立ち尽くします。



 「あぁ・・・ 夕刻には私に笑っていたというのに・・・



母は死に、父は一瞥もくれず立ち去り、兄達からは暴力を受けた慎太郎。

無常にも天から雨が降り出しますが、慎太郎はもう歩く気力もないのか

雨に濡れたまま骨壷を眺めるばかりです。

と、そこへ傘を差し出したのはヒロインである百合子お嬢様


 「百合子お嬢様・・・ なぜここに・・・?


 「あの場にいたのもなにかの縁・・・。 せめて火葬まではと・・・

  慎太郎様のご様子がいかようかと案じておりました


 「私には心配も同情も御無用です。 私は今までもずっと・・・一人でしたので・・・



自分の身を心配する百合子お嬢様に対し

自分はずっと一人でしたので心配は無用、と遠慮する慎太郎。

先週冒頭で近所のガキと遊んでいたので一人ではないと思いますが、

(いい年して近所の子供と遊んでいいのは

 キテレツ大百科の勉三さんくらいのもんです)

それでも 「何もお助けできなかった自分をお許しください」 と頭を下げる百合子お嬢様。

この博愛精神に慎太郎も思わず心を動かされますが、

それでも慎太郎にはどうしても許せない自分の軟弱さがあった。


 「・・・母が死んだのは自分のせいなのです


 「え?


 「あのとき、暴漢に花瓶を振り下ろす際に私は加減をしたのです!

  私の軟弱が加減をしてしまった! 人を殺めてしまうのが怖かった!

  そのため暴漢は再び立ち上がりあの惨劇を招いたのです!


  ・・・私の軟弱さが母を殺したのです・・・。



自分が軟弱であったため、母を殺してしまった。


自分の行動と心情を吐露し、無念さに打ちひしがれる慎太郎。

顔は今にも泣きそうですが、母の骨壷を目の前にしても

その目から涙が出ることはありません。


 「殿方とはいえ・・・ 今は泣かれてもよろしいですわ


慎太郎の心を汲んだ百合子お嬢様の言葉を受け取るも、

今まで母と呼ぶことさえ憚れていたため心が素直に働かない、と涙が出ない慎太郎。

華族だ身分だを気にするあまり情けない行動ばかり起こしていた唐房家。

そんな唐房家の中で、唯一身を投げ出して母親を助け出そうとした

慎太郎を見ていたお嬢様。

そしてお嬢様は スッ と慎太郎の手を握り、



 「慎太郎様は・・・ご立派でした



 「お、おやめください! 貴女は私の話をちゃんと聞いていたのですか!?



 「慎太郎様は・・・ご立派で御座いました




























慎太郎の頬を伝う大粒の涙。

それは母を思い出すあまり溢れ出たような美しい涙ではなく、

ただただ 「母が不憫でならない」 、という無念の涙でした。





そして物語のラスト。 夜、亡くなった母親の部屋に明かりが灯っています。

その場にいたのは誰あろう父親、毀侯爵

かつて愛した相手を想っているのか、はたまた別の心情か。

険しい表情のまま明かりを消すと、そのまま本館へと戻っていきました・・・。


(『華と修羅』 第2話 完)







・・・あれ、今週おもしろいぞ?

いや、井上先生的なおもしろさはいつものことなんだけど

今週は漫画として普通に読みいってしまいました。

井上先生の作品を漫画としておもしろいだなんて、俺もヤキが回ったかなぁ。

第1回目では肉便器やほっこり兄さんなどのインパクトに押され

いまいちキャラとしてパッとしなかった主人公でしたが、

今週は物語後半の母の無念に涙するシーンでグッと引き込まれました。

またそんな報われない主人公と肉便器兄さん達の茶番シーンの対比も見事で、

ここら辺は原作者・谷本和弘先生の手腕が光ったところと言えましょう。

ラストのパパンの思わせぶりな行動も今後どういった展開を見せるのか、

井上先生の作品 『華と修羅』、まだ2回目とはいえなかなか先が気になる漫画です。







突発的企画

■今週の (私的に) 一番お気に入りのコマ









背景真っ白+唐房家チーム全員コピー。

手抜き過ぎだろ井上先生。

あと、気づいた表現を表す ”点3つ” がなんかシュールで笑いを誘います。




ちなみに先週気に入ったコマはこれ。 ↓










井上先生の『華と修羅』レビュー (第3回) 2010/07/03(土) 12:00


ワールドカップということで職場のおねーちゃん達が

イケメン選手についてドイツだのポルトガルだの延々語り合っていて、

最後に放った一言。



で、どっちが勝ったんだっけ?





内容見ようよ。 遊星です。




さて週刊ヤングジャンプで絶賛連載中の井上先生作、『華と修羅』

先週は主人公の悲哀を全面的に押し出した展開となり

彼のバックボーンを思うと涙無しには語れない物語となりました。

そうだ、井上先生だってこういう作品が描けるんだ!

『夜王』 ではシリアスギャグを極めてしまった井上先生ですが、

この 『華と修羅』 では感動巨編を打ち出してくるに違いない!

そう、井上先生は生まれ変わったんだ! もうシリアスギャグ作家なんて言わせない!

今週の3話目だってきっと涙無しには語れない物語なのさ!

さぁ、今週も感動的な作品を僕らに!!





(ペラッ)












 (゜ー゜ )












 (゜ー゜ )
























 (゚Д゚ )


















 (´д` ;)















 (´д` ;)
















 (゜┐゜ )














 ( -.-)















 ((((゚Д゚ ;))))


























 へ (; ´Д゚)ノ















うん、いつもの井上先生でした。











大正ゴシック・サーガ

『華と修羅』 レビュー
 (第3回)





はいそんなわけでね、ゴルゴ31のゴルゴさんに 「レビューしなきゃダメかな?」 と聞いたら

全国1500万人の井上ファンのために書けと言われたこのレビュー。

すごいです。 この日本に井上先生のファンが1500万人も!

そんなにいたら夜王は打ち切られてないと思いますが、

さて今週の華と修羅。 火葬場から主人公の慎太郎が帰ってくると、

唐房邸では 「どういうことですの!?」 とママがなにやらお怒りのご様子。

なんでも新聞記者達の取材の際に、唐房家当主の 毀(こわし) パパが

跡取りについては長男の新 (あらた)、次男の美彦 (よしひこ) だけでなく

三男の慎太郎も候補の一人だと発表したとのこと。

なんと、パパの中では妾 (めかけ) の子である主人公も跡取り候補であると。

てっきり家を継ぐのは長男の肉便器さんだと思ってたママは

この突然の発表に驚きを隠せず、



 「爵位を譲り受けるのは長男の 新(あらた) 以外におりません!



とパパを問い詰めます。

この時点で見捨てられてるほっこり兄さんが哀れでなりませんが、

パパに 「誰を選ぶかは私の自由だ」 と言われたママは






 「長男の 新(あらた) は頭脳明晰 品行方正

  その人柄には親族他 誰しもが感嘆しております!




と長男を持ち上げ始めます。

頭脳明晰、品行方正。

1年前には民主党幹部も鳩山に同じこと言ってましたが、

特にママは自分の子ではない慎太郎が候補になってるのが許せないのか、

ムキーッとヒステリー起こしつつ

慎太郎は妾 (めかけ) の子だ」 だの 「爵位を譲るだなんてもってのほか」 だの

顔を真っ赤にして抗議し始めると・・・








静まれい!!



とパパがすごい顔で恫喝!

普段物静かなパピーの恫喝に ビクッ と青ざめるママ。 怖いよー。

思わず私もお腹にジャンプを入れそうになりました。








★ここでちょっとコーヒーブレイク!

■L&M思いつき企画■

はなしゅら! 2コマ漫画








今から昂ぶりが鎮まらんのだ!








静まれい!!








はなしゅら! 2コマ漫画 〜完〜

ご愛読ありがとうございました。

遊星先生の次回作にご期待ください。








はいそういうわけでね、思いつきで行動すると

ロクなことにならないのがよくわかる2コマ漫画でしたが、

さらにパパの ”ずっと俺のターン” 状態は続き、



 「唐房家が何ゆえ名家と言われておるか理解しておるのか?



と皆に質問を投げかけます。

なんでも唐房家は徳川家に代々仕えた由緒ある家柄で、

今日の栄華あるのはパパが日露戦争で海軍大将となり戦功をあげたからだとか。

なんと、日露戦争で海軍大将だなんてすごいぜパパ!

立ち絵がほとんどコピーだけどかっこいいぜパパ!



 「それゆえに爵位は日本国のために尽力する者に譲らねばならん



爵位とはそれ程に重いものなのだ、とパパは皆に言い聞かせます。

国のために尽力する者。

ここで肉便器兄さんが

なにがクニだよクンニしろオラアァ!」 と言ったらおもしろいのですが、

そこで帰ってきた慎太郎に対し 「お前も精進せい」 と言ってパパは部屋に戻ります。


私が、爵位・・・?


自分は妾 (めかけ) の子。

それまで跡取りは肉便器兄さんだと思っていた慎太郎も、

この父からの言葉に心が揺れ動きます。








お部屋に戻るパパン。

きっとパパンは 『マリア様が見てる』 のファンに違いありません。







と、ここで場面は長男の新 (あらた) こと肉便器兄さんに移ります。

前作、『夜王』 において初登場シーンから






生きてりゃこの俺の肉便器になる機会があったのによぉ


などと警察官僚とは思えない発言をしたり、







放送コード余裕でアウトな顔で女性を襲ったり、







「生涯の肉便器にしてやってもいいぞ」 と

有史以来最低のプロポーズで人気を博した先代・肉便器さん。

そんな彼の名前は霧崎京一郎。 世界三大肉便器の一人です。

残りの2人は文部科学省が探しているところですが、

ともかく先代・肉便器さんの輝ける功績に比べ

新・肉便器こと新(あらた) 兄さんはまだまだ実績が足りず、

世界三大肉便器への認定も文部科学省が二の足を踏んでいるのだとか。

兄さんが認められるのはまだ先の話となりそうです。

で、その新(あらた)兄さん。 パパンに爵位の重さを諭されたので

てっきり部屋で帝王学について勉強してるのかと思ったら








セックルしてました。 (・∀・)


セックル中でも眼鏡+髪型ピッチリと

肉便器スタイルを崩さないところは見事ですが、


 「慎太郎め、いつの間にやら百合子に近づきおって・・・ 侮れぬ男よ


とヒロインの百合子お嬢様と懇意の仲となった慎太郎のことを考えています。

百合子お嬢様の父は特権階級。 よもや爵位を狙って取り入るつもりでは? と

慎太郎の行動を怪しんでおります。








私にはわかりませぬ・・・ しかし百合子お嬢様はお美しいお方。

 慎様が見初めても不思議ではありませんわ・・・



肉便器のお相手は女中の真知子(まちこ)

前回のレビューではスルーしたのですが、この女中さんは

主人公である慎太郎に対し 「慎様・・・」 と密かに恋焦がれています








ふ! 何を申す・・・ 心も裸にせぬか。

 百合子に嫉妬を抱いておるのだろう? 貴様が慎太郎を慕っているのはわかっておる



お前が慎太郎を好きなのはお見通しだと

足をペロペロ舐めながら指摘する肉便器兄さん。

足フェチなの? 兄さんは足フェチなの?

たぶん風呂には入るなと命じてるに違いありません。








私のような女中がお慕いするなど・・・ 恐れ多い事でございます


あくまで自分は女中。 身分が違いますと言う真知子。

それを聞いた肉便器兄さんは・・・









恐れ多いだと!? 奴は妾腹! 卑しき存在であるぞ!


が!!




が!!ってなんだよ。


おかしいでしょ井上先生! なんで 「が!!」 なんだよ!

一体なにが起こったのかわからない読者を余所に

QTS状態急に 昂ぶりが 鎮まらんので) となった肉便器兄さん。

その後も兄さんの勢いは止まらず、








よいか! 奴に私の邪魔をさせるでない!

 この体で奴を 慎太郎を溺れさせよ!

 
奴の男根 そして心も締め付けい!」 (ズボッ ズボッ




奴の男根 そして心も締め付けい!


お前は何を言っているんだ。










慎太郎を思え! 慎太郎と声に出せ! 呼べ!








ああ・・・慎太郎様! 慎太郎様あああ!!






なんて最低なセックスなんだ!!


女中が自分の弟を好きなこと知ってるくせに襲い掛かり、

足ペロペロ舐めながら好きな相手を思い浮かべさせ、

「奴を溺れさせよ! チンコも心も締め付けい!」 とハニートラップを命じたあげく

髪の毛掴んで好きな相手を想え! 名前を叫べ!

先代・肉便器に勝るとも劣らない最低なセックスです。


フフ、こりゃあ決まりだ・・・









































カシャアァァッ!!



世界三大肉便器、2つ目の席は唐房 新で決まったぁ!!


まさに鬼畜! 畜生にも劣るその所業は肉便器の名に相応しい!

残りの1人は文部科学省が探しているところですが、

とにもかくにも爵位の前に世界三大肉便器を受け継いだ新(あらた)兄さん。

このままの勢いで爵位もぶん取っちまえ!









 「長男の 新(あらた) は頭脳明晰 品行方正、

  その人柄には親族他 誰しもが感嘆しております!



↑「奴の男根、そして心も締め付けい!」 には人柄が溢れてましたね。







で、その後は主人公が入水自殺をしようとしたり

その覚悟が無くて 「何ゆえ自分は華族なのか!?」 と泣き崩れてましたが

肉便器兄さんに時間使ったのでここはカットします。 (仕方ないよね!)

ラスト、行方不明の主人公以外で朝ご飯を食べていたところ

パパンが一口スープを飲むと、






あ・・・ ああ!!」 (ブクブク)



パパン、毒を盛られる。


「あなた!?」 「どうしました父上!」 と顔面蒼白で取り乱す唐房家チーム。

一体パパンの身になにが!? 犯人は一体誰なのか!?

風雲急を告げる唐房家。 次回に続く!!


(『華と修羅』 第3話 〜完〜)





はいそういうわけでね、第3話にしてパパが毒盛られるという

来週打ち切られるんじゃねぇかと心配するくらい展開の早い華と修羅。

ここらへんね、翼くんがボール持つだけでなぜか大ゴマが連発する

高橋陽一先生も見習ってほしいところですが、

来週は現場にいなかった主人公が犯人扱いされる展開が予想されるわけで、

まだまだ主人公の受難は続きそうです。

普通に読むと犯人は肉便器兄さんですが、

パパンはまだまだ唐房家にとって必要な人物ですので

理知的な肉兄さんがそんな短絡的な考えを起こすとは思えない。

とすると、犯人は頭の悪そうな次男・ほっこり兄さん・・・?

つい思いつきで行動してしまったとか?

思いつきで行動するとロクな目に合わないので、やめた方がいいですよ!








★ここでちょっとコーヒーブレイク!

■L&M思いつき企画■

はなしゅら! 4コマ漫画








今から昂ぶりが鎮まらんのだ!」 (ギシギシ)








静まれい!!










それでも鎮まらんのだ!」 (ギシギシ)










ではご機嫌よう














はなしゅら! 4コマ漫画 〜完〜

ご愛読ありがとうございました。

遊星先生の次回作にご期待ください。





先代肉便器さんの画像は
天カジBlogさんの夜王レビューからお借りしました。
勝手に使用してしまい、どうもすみません。




井上先生の『華と修羅』レビュー (第4回) 2010/07/10(日) 14:00


華族・唐房家の主人である毀 (こわし) が何者かにより毒殺された。

風雲急を告げるこの事態に現れたのは

身体は子供、頭脳は大人、その名は名探偵コナン!

果たしてコナンは無事この事件を解決することができるのか?

家族達の間に隠された秘密とは?

次回、名探偵コナン! 『唐房家殺人事件』

来週もまた見てね!







ネクストコナンズヒーント!








 肉 便 器。







さぁそれではいきましょう!

やればやるほど女性読者が離れていくこの企画!!








大正ゴシック・サーガ

『華と修羅』 レビュー
 (第3回)





画像で見る前回のあらすじ :


























































はいそんなわけでね、前回は文部科学省が推薦する

世界三大肉便器に認定された我らが新(あらた)兄さん。

いや〜いいですねぇ。 人間の可能性というものを信じさせてくれますよね。

先週ヤングジャンプを見た子供達も

僕も頑張れば肉便器になれるかな」 と将来を夢見たことでしょう。

特に女中を後ろからズボズボやりながら

奴の男根 そして心も締め付けい!」 とか言ってたセリフは

大人になったら言ってみたいセリフベスト3に入ると思います。




■大人になったら言ってみたいセリフ ベスト3:


 ・「奴の男根 そして心も締め付けい!」


 ・「俺の肉便器にしてやってもいいぞ・・・ いや、なれ!」


 ・「生きていれば俺の肉便器になる機会があったってのによぉ」






さて、そろそろ今週のレビューに参りましょう。

前回のラスト、家族で朝ごはん食べてたら突然苦しみだした毀(こわし)パパ。






ブクブク。



パパ! パパー!!

3話目にしていきなりパパが毒殺されるという

最近の金田一でもやらないようなスピード感で発生した殺人事件。

まぁこれが金田一くんだったら


 1. 毀(こわし)パパ殺害。 金田一くんが推理を開始。



 2. なんだかんだで3人殺される。



 3. 残るターゲットは一人というところで 「謎は全て解けた!」。

    金田一くんがみんなを大広間に集めたり推理ショーをしたり、

    証拠を捏造したりして犯人を追い詰める。

    なおヘタに活躍させるわけにはいかないため

    ここらへんで明智さんの出番が極端に減る。

    ちなみに女中が犯人。



 4. 女中の悲しい過去が判明&復讐の動機が語られる。

    金田一の一言で復讐を諦めようとするも、

    ここで肉便器に変装していた地獄の傀儡師が正体を現す。

    今回の事件も高遠プロデュースであることが発覚。

    自分は魔術列車でポカミスして捕まったくせに人のミスは許せないという

    他人に厳しく自分に甘い高遠さん、女中を殺害。



 5. 「逃がすなー!」 といって例によって逃げられる警察。

    変な気球に乗って逃げる高遠さん。

    ヘタに活躍するわけにもいかないので特に何もしない明智さん。

    最後は金田一くんの

    「高遠め、いつか捕まえてやるぜ! ジッチャンの名にかけて!」 のセリフでシメ。





はいそんなわけでね、結論としては

高遠さんはコナンに出てればいいんじゃないかと思いますが、

んで金田一くんはともかく華と修羅。

一家の大黒柱がブクブク泡吹きながら毒殺されたため

てっきり今週はパパンの葬式シーンから始まるかと思いきや








「しばらく安静が必要です」



どっこい生きてた毀(こわし)パパ。


え、生きてたの!? あんだけ泡ブクブク吹いてたのに!?

別に手術とかも必要なく暫く安静、で済まされてしまった今回の毒殺事件。

個人的には 「ヤツの男根、そして心も締め付けい!」 とか描いてる

井上先生こそ安静にしてほしいと思うのですが、

ともかく生きてた毀(こわし)パパ。

誰が毒を盛ったのか、犯人は家族の誰かなのか。

大事なシーンなのにママと執事がコピー丸出しなのはなぜなのか。

謎は深まるばかりです。




んで先週、手漕ぎボートで海に出て入水自殺を失敗するという

nice boatな展開を見せた主人公の慎太郎。

憔悴しきった顔でおうちに帰ってくると、






慎太郎! 貴様が父上に毒を盛ったのであろう!


とほっこり兄さんが登場!!

父上の命を狙う奴は弟だって容赦しない!

かっこいいぜほっこり兄さん!! (・∀・)



 「ち、父上が毒を・・・? ご無事なのでありますか!?


 「シラを切るでない!」 (バキィッ)


 「ぐっ・・・!


 「貴様は父上の朝食に毒を盛り身を隠したのであろう!

  今頃になって現われるのがその証拠!




と独自の推理で慎太郎を追い詰めるほっこり兄さん。

俺が慎太郎を捕まえてやるぜ! ジッチャンの名にかけて!

そこで女中達が騒ぎを聞きつけて集まりだしたため

場所を変えるべくほっこり兄さんは慎太郎を連れ出します。


と、その現場を見ていた男が一人・・・








世界三大肉便器、新(あらた)兄さん!!



金田一だったら全身黒タイツで登場するところですが、

(あとコマの隅に ”!?” も付けて)

残念ながら今週の肉兄さんはこの2コマで終了。

フフ、スターは忙しいのですよ。









慎兄ちゃん!?



やってきたのは唐房家が所有する道場。

子供達が剣道の稽古をしていたところ、ほっこり兄さんと慎太郎が

やけにシュールな3コマ使って道場に入ってきます。

まぁ井上先生はコマ割りするとき話の読みやすさではなく

いかに有効にコピーが使えるかで考えてるので仕方ありません。

んで道場の先生が 「ど、どうしました!?」 と聞いたところ、



 「ここなら少々手荒な尋問しても邪魔は入らぬであろう



ほっこり 愛の説教部屋。

ここはほっこリ兄さんの愛の説教部屋だよ! ほっこりしていってね!!

家族を想うあまり毒を盛った慎太郎がどうしても許せないほっこり兄さん。

木刀を手に取ると、無抵抗の慎太郎に向かって木刀をガシガシ打ち付けます。

そう、愛する家族のために!

毒に倒れた尊敬する父上のために!!








認めろ! 認めろおお! 己の罪を! この美彦の強さを!

 ひれ伏し許しを乞うがよい!
この卑しき妾腹が!




家族 全然関係なかった。


てっきり愛する家族を守るために攻撃してんのかと思ったら

単に俺の方が上なんだぜと言いたいためでした。

よかった いつものほっこり兄さんだ。

今週でいい人になったのかと思ってヒヤヒヤしましたよ。

それでも 「兄上が私を信じるまで打ち続けてください」 と

聖人君子みたいなこと言い出す慎太郎。

これにキレた兄さんは慎太郎を慕う子供達を並ばせ、

一人づつ前に出て木刀で打て! と言い出します。

これにビックリした道場の先生が

この子達はいつも慎太郎様に遊んでもらっているのですぞ!」 と反論。








まぁ遊んでもらってるというか第一話で溺死しかけてましたが、

そんな先生を無視して兄さんは

貴様等の親は当家の使用人だ! 加減をする者はクビにする!」 と容赦ない一言。

クビをちらつかせて相手を恫喝するのは肉兄さんと同じ手口です。

この木刀で慎太郎を苦しめよ!

ヤツの男根、そして心も打ちつけい!








バキッ 「ん!」 「ひゃひゃひゃ! よし次ぃぃぃ!



昂(たか)ぶりが鎮まらんのだ!!


「ひゃひゃひゃ!」 とご満悦なほっこり兄さん。 なんていい笑顔でしょう。

きっと体内に柔らかい石が入ってるに違いありません。

慎太郎に対し泣きながら木刀を打ち付ける子供達を見て

ますます兄さんのQTS状態はヒートアップ!








強く打つ者にいは猪口齢唐(チョコレート)をやろう!

 今を逃せば二度と食えんぞお!



と甘いお菓子で子供達を誘惑します。

バカを言うな! 子供達と慎太郎の絆は固いんだ!

そんなチョコレート如きで子供達が






キエエエ!!(グシャッ ガツッ!)




子供達の 目が こわい。


なにこの子達!? さっきまでピーピー泣いてたくせに

チョコレートもらえるって聞いたら仕事人の目に変わったよ!?

仕置き つかまつり まする。


猪口齢唐 もらい まする。


慎太郎 殺(や)り まする。





・・・うちの子も将来こうなっちまうのかな・・・。





そしてラスト、愛の説教部屋から出てきた兄さん。







このほっこり顔である。

僕が警察だったらとりあえず銃殺してから逮捕するレベルですが、

そんな兄さんをよそに道場内で血だらけで倒れつつ

「兄上が・・・私を信じてくれるまで・・・」 とうわ言のように繰り返す慎太郎を

「慎様!」 と女中が介抱するのでした・・・。


(『華と修羅』 第4話 〜完〜)





はい、そんなわけで先週の肉便器兄さんに引き続き

ほっこり兄さんのドSっぷりが披露された 『華と修羅』 第4話。

相手血まみれなのに ウヒャヒャヒャ 笑ってボッコボコにするという

お前はどこの賭郎立会人だと思わせる展開ですが、

いや〜 それにしても






ムカつく顔ですねぇ。


ほ、ほっこり兄さんムカつく! こんなムカつく顔見たことないよ!

もう今週のヤングジャンプの中でも随一にムカつく笑顔!

GANTZだったら2秒でぶち殺されるくらいムカつく笑顔!

こりゃもう他にどんな悪役が笑顔できてもほっこり兄さんの圧勝ですよ!!








大したことない! ほっこり兄さんの圧勝ですよ!!










大したことない! ほっこり兄さんの圧勝ですよ!!











大した・・・ あ、すみません翼さんの勝ちです。







井上先生の『華と修羅』レビュー (第5回) 2010/07/18(日) 12:00


はい皆さんこんばんわ。 L&M管理人の遊星です。

世界で2つしかない 『華と修羅』 レビューサイトのうち、

うち以外のサイト、天カジBlogのKAJIMEさんが掲示板に書き込みしてくれましたよ!




はじめまして。 KAJIMEと申します。
「華と修羅」 レビューが凄く面白いです!


自分も似たような事をやっているのですが、
「ああなるほど、ここはこう書くといいのか」 とか、色々と凄く参考になります(汗)
大変だと思いますがこれからも頑張って書いてってくださいー。


「が!」は、たぶん
ケツの穴に入れたから唸ったんじゃ無いかなーって
気がします。
女中に中出しして妊娠させちゃうと色々と面倒だから、
後ろの穴なら問題ないぜ!的な意味で(ry




KAJIMEさんと僕は初対面なのに

なんでいきなりケツの穴の話題になっているんだろう。




さぁそれではいきましょう!

だんだん掲示板での感想も減ってきてるこの企画!!








大正ゴシック・サーガ

『華と修羅』 レビュー
 (第5回)





前回のあらすじ :






(ガラッ)

「お前ら、今からコイツを木刀でぶっ叩け!!」








「い、いやだよぉ・・・」


「慎兄ちゃんを叩くなんてできないよぉ・・・」








「強く打つ者には猪口齢唐(チョコレート)をやろう!」








キエエエ!!(グシャッ ガツッ!)








子供って怖い。










――蠢(うごめ)く者は、血族のみに非ず。


さて今週の 『華と修羅』。 前回あれだけボコボコにされた慎太郎ですが

顔に傷は残っているものの、普通に生活できるまで回復したご様子。

暗く閉ざされた部屋には男が2人。

慎太郎は目の前の厳つい男に話しかけます。


真壁(まかべ)さん・・・。 私に話というのは・・・?








はい・・・ 毀(こわし)様はしばらく安静が必要とのこと。

 そこで侯爵が携わっていた事業・雑務を進めるため

 新(あらた)様に爵位を譲渡してはどうかという意見が出ているようなのです



この真壁(まかべ)さんと呼ばれた男。 唐房家の財政を管理する人間で、

この厳つい顔やら威圧感やらで相当な切れ者のご様子。

決して賭郎立会人ではありません。

(あと、後ろはただの肉便器であって御屋形様ではありません

そしてこの真壁さんが言うには、毀パパが毒を盛られてから爵位譲渡の話が急過ぎる、

つまり肉便器兄さんが犯人なんじゃないかと疑っているようです。

「兄上が犯人!? そんなバカな!」 と慎太郎が怒るも、

犯人不明のまま爵位譲渡を進めるのは危険と判断した真壁さん。

犯人逮捕までの時間稼ぎのため、

慎太郎に 「貴方も爵位候補に立候補しろ」 と訴えます。

え、慎太郎が立候補!?











政 権 交 代 。


マニフェスト>

 ・唐房家の使用人を2割削減。

 ・唐房家の所得税50%UP。

 ・人を木刀で叩かない。





この 「立候補しろ」 と急なお願いに困惑する新太郎。

さらに真壁さんがいうには、毀パパが

 「新(あらた)の思想は危険だ

と肉兄さんの能力はともかく思想を危険視しているとのこと。

まぁ一番思想が危険なのはこの漫画描いてる井上先生なのですが、

毀パパ的には末弟の慎太郎に期待をかけているらしいのです。

次なる爵位は、知略の肉兄さんか人望の慎太郎か・・・?

果たしてどちらが唐房家の爵位を継ぐべきか、

我々が考えても仕方ないのでここはひとつ、ワールドカップで予想を100%的中させた

タコのパウルくんに占ってもらいましょう。










さぁパウルくんはどちらを選ぶのか?

肉兄さんか、はたまた慎太郎か!?










    )))



おーっと肉兄さんに近づいたぞ!

次の爵位は肉兄さんか!?










(((    



いや、慎太郎に近づいたぞ!

次の爵位は慎太郎か!?










      (((     










コイツ!> 



決まったぁーっ!

唐房家の爵位はほっこり兄さんだぁー!!







あ、パウルくんはこの後スタッフで美味しく頂きました。

ともかく立候補を促す真壁さんに対し

 「私はそのような器ではないし、兄上達をこれ以上刺激したくない!

と慎太郎はこの提案を断ります。 もう木刀で殴られるのはコリゴリでござる。

んでその後慎太郎宛てに電話があって部屋から出て行くのですが

そのシーンがまたシュールの一言で、








1コマ目 : 女中さんがドアをノック

2コマ目 : 真壁さんがコピー

3コマ目 : 女中さんがコピー

4コマ目 : 真壁さんがコピー

5コマ目 : なぜかダッシュ




5コマもいらねぇだろこのシーン。

普通に3コマで片付きそうなのにコピー使いたさに5コマに増えるというこの矛盾。

いい加減井上先生はコマ割りを決める際に

コピーを使用できるか否かで決めるのはやめてください。





     


↑左が先週出てきた道場の先生で、右が真壁さん。
  同じチョイ役のはずなのにこの差は・・・。










はしたなかったかしら・・・ 

 女子の方からお誘いするなんて・・・



さて場所は変わってここは○○。

電話の相手はヒロインの百合子お嬢様だったようで、

なんとお嬢様から慎太郎にデートのお誘いだったようです。

女性の方から男性にお誘いの電話!

これが私の人生だったらカルト宗教の勧誘になるところですが、

待合場所で待ち続けるお嬢様。 そこへ慎太郎が登場します。










百合子お嬢様!


誰だお前は。



井上先生、顔の傷が描いててめんどくさくなったのか

できそこないのNARUTOみたいな顔になっています。

(オレは唐房家の当主になるってばよ!)

ときメモだったらこの時点で相手帰ってるところですが、

そこはいいところの出の百合子お嬢様、瀬戸内海よりも広い心でデートを開始します。

第1話で婦人画報にも載っていると紹介されたので

かなりの美人であることが作中でも明言されているこの百合子お嬢様。

しかし、このあと百合子お嬢様に思わぬ事態が!!








 「慎太郎様もよろしければ今度一緒に観劇などいかがでしょう?


 「ええ・・・」


 (慎太郎様どこか上の空なご様子・・・

  わたくしとでは楽しくないのかしら・・・









 「これからどうします? 近くのカフェで少しお話でも・・・


 「今日は楽しかったです。

  私はここで失礼させていただきます」


 「え?

  (まだ会って1時間ほどしか経っていないのに・・・





百合子お嬢様 おもしろい。


だって百合子お嬢様って美人&名家出身&高学歴っていうパーフェクト設定で、

婦人画報にも出てるってことは本人も自分が美人って自覚してるんですよ?

その彼女がはしたないのを覚悟で冴えない男を誘ったら

ここで失礼させて頂きます」 ですよ?

そりゃ 「え?」 って驚いて顔にトーン貼られますよ。

絶対の自信を持って 「お願いします!」 って手を出したら

普通に断られたねるとん紅鯨団を思い出しますね!

まさに大! どん でん 返し!!

またお嬢様は断られるシーンの顔芸も完璧で、






 ( ´ー`) 「お茶でも」(キリッ) → (゚д゚ ;) 「え?」 → ( ゚Д゚) ポカーン



1コマ目の絶対に断られないと思ってる顔がおもしろいですお嬢様。

そしてそんなお嬢様の心の葛藤など露知らずな慎太郎、

帰るのでしたらあそこでタクシー拾えますよ」 とKY発言。

お前はどこまでバカ野郎なんだほんとにもう。

だいたいさっきまで





と笑顔ハツラツだった奴が





次のページでなんでこんなテンション下がってるんだよ!

そんなわけで 「ボク夕方から見たいアニメあるから帰るよ」 とばかりに

お茶の誘いを断る慎太郎。

それではごきげんよう、とお嬢様の顔を見ると・・・






お嬢サマ、号泣。


なんたること、お嬢様の目から涙がこぼれおちています。

「ど、どうしたのですか!?」 と相変わらずKY発言を繰り返す慎太郎。

ここに至ってようやく自分の態度の悪さに気付きましたが、

お嬢様の涙の理由は実はそれだけではなく、


新(あらた)様が私の父に取り入り、婚約を進めようとしています


と、なんと裏で肉便器兄さんが暗躍していることが発覚。

華族の女子は恋愛と結婚は別」 と考えられていたこの時代、

しかしながらお嬢様はその風潮と逆行するように

愛する殿方と結婚したいと考えているようでした。

華族の風潮と自分の考えの板ばさみに苦悩し

意を決して慎太郎を誘ってみたところ、当の慎太郎は上の空。


わたくしには割り切れません!

 慎太郎はこの縁談の話を聞いて
どのようにお感じになります!?


自分は間違っているのか、華族の女子は家柄に支配されるべきなのか?

密かに意中の相手である慎太郎に詰め寄るお嬢様。

そして慎太郎の答えは!?








新兄は・・・ 私の自慢の兄です。

 いい縁談だと・・・



・・・嫌いです・・・。 もうお会いしたくありません




言えと言われて答えたら嫌われたでござる。


冒頭での真壁さんとのやり取りでわかる通り、

もう兄上達を刺激したくない慎太郎。

決して本心ではない回答により、唯一の心の拠り所であるヒロインからも嫌われました。

どこまでも不幸せになっていく慎太郎。

というか大丈夫なのかこの漫画?

連載開始から幸せになってるのって弟ボコってドSを満喫した

ほっこり兄さんだけじゃないか?







あたりも暗くなり一人帰路につく百合子お嬢様。

慎太郎の言葉がショックだったのか、表情もどこかうつろなご様子です。

するとそこへ車で現れた男が一人・・・






世界三大肉便器、新(あらた)兄さんの登場だー!!


今から貴女の御父様にご挨拶に行くところだったのですよ」 と

相変わらず裏で暗躍する肉兄さん。

百合子お嬢様を妻にすれば財閥界での太いパイプを手にすることができ、

もう誰も肉兄さんを止めることはできなくなるでしょう。

そしてお嬢様と共に車に乗り込む肉兄さん。

おや? 涙の跡がありますね・・・?」 と百合子お嬢様に近づき・・・




























ズキュウウウウウゥゥゥン!!

(ドロッ)



や、やった! さすが肉兄さん!

そこにシビれる憧れる!!



キミ・・・ もう慎太郎とはキスしたのかい・・・?

 まだだよなぁ。 初めての相手は慎太郎ではない!

 
この新(あらた)だぁー!!



バアアアァーン!!



(『華と修羅』 第5回 〜完〜)






さぁ肉兄さんのズキュゥンで終わった『華と修羅』 第5回。

来週百合子お嬢様がドロ水で口を洗ったり

慎太郎が肉兄さんとケンカ → 「キミが泣くまで殴るのをやめない!」 →

→ 肉兄さんが腹いせにほっこリ兄さんを焼却炉で焼く、をすれば完璧ですが、

自分的には百合子お嬢様の顔芸なども見所で、

道場の先生と比べて無駄に濃かった真壁さんも外せないところでしたね。

(真壁さんは賭郎立会人でいうと二十八號くらいかしら)

そして百合子お嬢様と肉兄さんの縁談話が着々と進んでおりますが、

それに対し慎太郎はこのまま黙ってしまうのか?

百合子お嬢様の相手は、肉兄さんか慎太郎か・・・?

果たしてどちらが百合子お嬢様と結婚するべきか、

我々が考えても仕方ないのでここはひとつ、ワールドカップで予想を100%的中させた

タコのパウルくんに占ってもらいましょう。










さっきは許してやったんだから今度はちゃんと選べよ!

さぁパウルくんはどちらを選ぶのか?

肉兄さんか、はたまた慎太郎か!?










    )))



おーっと肉兄さんに近づいたぞ!

結婚相手は肉兄さんか!?










(((    



いや、慎太郎に近づいたぞ!

結婚相手は慎太郎か!?










      (((     










 







井上先生の『華と修羅』レビュー (第6回) 2010/07/27(火) 00:00


はい皆さんこんばんわ。 L&M管理人の遊星です。

いや〜やりましたよ! 遊星さん先週の土曜日から夏休み突入!!

いやっほぅ夏休みだぜー。 会社行って仕事しなくていいぜー。

お洋服買いに出かけちゃおうかな! 漫画喫茶とか行っちゃおうかな!

仕事しなくていいだなんてホント夏休み様々だぜ〜 ルンルン♪

もう嬉しいからいまの気持ちを5・7・5・7・7で一句読んじゃう!!





夏休み 前の日仕事 貯まってて

終わってないので 休日出勤





なんで夏休み初日から休日出勤してんの。


さぁそれではいきましょう!

古参のお客さんがどんどん離れていってるこの企画!!










大正ゴシック・サーガ

『華と修羅』 レビュー
 (第6回)





前回のあらすじ :






肉便器 「・・・・・。」








慎太郎 (ん、誰だろうこのメガネ・・・? ハッ そうだ、新(あらた)兄さんだった!

      今日からこの唐房家に住み込む事となった僕の兄上だ!)



慎太郎 「貴方は新(あらた)兄さんですね?」


肉便器 「そういう君は唐房慎太郎」


慎太郎 「みんな慎太郎って呼んでるよ・・・ これからよろしく」







ほっこり兄さん 「昂ぶりが鎮まらんのだ! 昂ぶりが鎮まらんのだ!」



慎太郎 「あ、美彦兄さん! 紹介するよ美彦兄さんってんだ!

      ちょっと女中に手が早いけど人には噛み付かないからすぐ仲良しになれるさ!」


肉便器 「フン!」 (ボギャアァ!)


ほっこり 「キャインキャイン!」


慎太郎 「なっ! 何をするだァーッ ゆるさんッ!


肉便器 (こいつが唐房慎太郎か! こいつを精神的にとことん追い詰め、

       ゆくゆくはこの私が唐房家を乗っ取ってやるッ!)






さて戯(たわむ)れはこのへんにして、今週の 『華と修羅』。

前回ラストで百合子お嬢様にズキュウゥゥンをかました肉兄さん、

てっきり展開がジョジョっぽかったので

今週はお嬢様がドロ水で口を洗ったりパパが慎太郎をかばって死んだり、

真壁さんが座ったままジャンプしたりすると思ってたのですが、

そんな展開はもちろんなく今週は肉兄さんが貴島家当主(百合子の父)、

貴島隆三と歓談するところから始まります。









 「唐房家では当主が次の世継ぎを決めるのであろう?


 「ご安心ください貴島子爵。 私が弟二人に劣るところは一つとしてありません



兄より優れた弟は存在しねぇ!!


「弟二人に劣るところは一つとしてありません」 などと

どことなく死亡フラグを立ててしまった肉便器兄さん。

確かに肉兄さんはその知的な雰囲気や仕事ぶりを見ても優秀といえましょうが、

人望や性格的な面からいえば慎太郎の方が上であると言えましょう。

慎太郎にだって一つや二つ、肉兄さんに勝てるところがあるんだ!

肉兄さんと慎太郎、果たしてどちらが爵位を得ることができるのか!?

え、次男はどうした? ほっこり兄さんのこと?

今日もいい天気ですね。









 「百合子お嬢様と私が夫婦となれば唐房家の家督は私のモノ。

  さすれば子爵の政治活動にも便宜が図れるかと考えております



そして肉兄さんは俺が爵位を取ればアンタにも美味い汁をあげますよ、と

密約を勧めています。

それを聞いて急にマジ顔になる貴島子爵。

これは 「その話乗った!」、なのかそれとも 「ナメるな小僧!」 の表情なのか?

子爵の出方にも今後注目です。



そして肉兄さんがおうちに帰ろうとしたところ、

百合子お嬢様が挨拶に顔を見せたので






そっと口に手を当ててる肉兄さん。

帰り際に さらりとした セクハラ。

どんなときでもセクハラを忘れないとはさすが肉便器兄さんです。

きっと地下闘技場肉便器トーナメントとかあったら優勝候補に違いありません。

お嬢様も (ポッ) とか顔を赤らめてないで、ここは怒るか父親に言いつけるか

肉兄さんの指をヘシ折るかしないとダメだと思います。









お嬢様の1ページjブチ抜きシーン。

あ、特に需要はありません。





さてそれから数日後、場面は変わって唐房家。








入院していた毀(こわし)パパンが久しぶりに家に帰ってきました。

車に乗っているのはパパ、ママ、兄2人で慎太郎は自宅待機という

スネ夫にいじめられるのび太みたいな存在の慎太郎。

いい加減家庭内いじめはやめてあげて欲しいところです。

あと関係ないけど 「しんたろう」 って打とうとして 「新タオル」 って打っちゃうと

なんか悔しいですよね。 (ほんと関係ない)

そんなわけで新タオr・・・慎太郎がパパンのところに行くと、

パパンは広いお部屋に布団を敷いて寝ておりました。








そうそうパパンが寝てって部屋デカいなオイ。

なんて広さ! パパンが部屋の真ん中で寝てると仮定すると、

畳が見えているだけで6×14の 84畳。 は、84畳!?

謝れ! 6畳一間のヘボアパートに暮らしていた独身時代の俺に謝れ!

あとアパート暮らしで家賃滞納してたら職場に大家から電話がかかってきた

Uso8ooの北条さんにも謝れ!!

ホント北条さんの家賃滞納には困った・・・ まぁ北条さんの話はいいか。

さて84畳のお部屋にポツンと寝かされるという

日の丸弁当の梅干みたいな扱いされてる毀(こわし)パパン。

そこに新タオルあぁもう慎太郎がお見舞いにやってきました。



 「父上・・・ 病院の方には顔を出さず申し訳ございませんでした



まさか父親のお見舞いをすっぽかして

百合子お嬢様とデートしてたなんて言えない慎太郎、

とりあえず病院行けなくてごめんなさいと謝ります。



 「よい・・・ 大した病状ではないのだから


 「しかし父上・・・ 父上はこの家の中で毒を盛られたと聞いております。

  当家には父上を慕いこそすれ恨む者など一人もいないはず。

  私も兄上達も母上も使用人もみな・・・

  まして父上は栄えある侯爵という御身分。 そのようなお方に毒などと・・・




侯爵という身分に対し誰がこんなことを! と憤る慎太郎。

しかし、パパンの意見は少し違います。






 「侯爵だからこそ狙われるのだ


 「え?


 「その名誉、権力を望むがゆえに多くの者が道を外れる・・・

  そんなお家騒動は幾つも何処でも起こっておる



侯爵だからこそ狙われる。

そう、爵位という身分は何も良いことだらけではない。

その高い権力・身分であるからこそ周囲から狙われるのは歴史が証明しています。

そして毀(こわし)パパンは 「権力を望むがゆえに」 と言いました。

「妬む」 ではなく、「望む」。

つまりパパンは自分の妻や子供達を疑っている・・・?



 「いつまでそこで聞いておる?


 「え?








いつからそこにいたのか、入ってきたのは母親と次男。


 「ほほほ 立ち聞きしていたわけでは御座いませんわよ。

  貴方にお頼みしたいことがありまして参ったのです



 「申すがよい


 「貴方の体調を考慮した結果、

  お家のために貴方には
早急に隠居して頂きたいのです




逆襲のママン。


きました! ママンの逆襲がここできましたよ!!

パパンが 「3人の中から世継ぎを決める」 と新聞社に対して発表したあの日、

ママン的には妾腹の慎太郎が候補に入っていた事が気に入らなかったご様子。

パパンが毒盛られた時ママは冷や汗流して取り乱していたので

違うのかな?と思いましたがここで逆襲が来ましたよ!










 「ふ・・・ 今が好機と捉えたか」 (ゴホゴホッ)


パパン的にもママが怪しいと睨んでいた模様ですが

「ゴホゴホッ!」 と今は体調が・・・!

というか病に倒れる → 主人公に抱きかかえられるってパパ、

もろヒロインじゃないですか。

ヒゲのヒロイン最高や! 百合子お嬢様なんていらんかったんや!








 「父上・・・ そのお身体でご公務は無理でしょう。

  私達は心配なのです



 「次代の者に譲爵(じょうしゃく)を! なおも爵位に執心すると仰るなら

  
あなたの意に沿わない方策を取るやもしれません



ほとんど脅迫してるママ発言。


手段は選ばないよ!とか言い出し始めたママン。 大人は怖いよー。

「あなたの意に沿わない方策」 とか急に言われたら怖い。 ホント怖い。

こないだコンビニで300円のコンビーフ買ったら

ヨメに 「そんな無駄なもん買うな」 と言われ大ゲンカしたのですが、

もしその時にヨメから


 「なおもコンビーフに執心すると仰るなら

  あなたの意に沿わない方策を取るやもしれません



とか言われたらレシート持って返品しに行きます。

ともかくこのママの発言にブチ切れた慎太郎、

「お前ら今すぐこの場を出てけ!」 と珍しく激昂します。






 「父上が隠居してどうなります!

  代わりが務まる者などおりません!!








 「それは聞き捨てならんな慎太郎!!







 バン!!







 ババァ〜ン!!



ゲゲェ━
Σ(゚Д゚ (゚∀゚(・ω・ (゚□゚ (`Д´ )━ッ!!


肉兄さん、爵服をお召しになって登場!!

※決して笑ってはいけません


すごいです。 「聞き捨てならんな!」 のセリフ → 障子が開く →

肉兄さん登場が見事な段取りで惚れ惚れします。

個人的には障子は誰が開けたのか気になるところですが、

なんでもこの服は週末の夜会に向けて新調したとのこと。 ノリノリです。

そして肉兄さん的にはその夜会を襲爵のお披露目にする計画らしいです。








当家の運営に携わる評議員や名門大物華族が多数来場します。

 私が見事ホストを務め唐房家次代の当主だと

 みなにはっきり認めさせてご覧にいれましょう!




肉兄さんのホスト発言!

やばいやばい! この場合のホストはもちろん 「迎える者」 の意味だけど

夜王ファンとしては水商売のホストの意味に聞こえるよ!!

夜王では見ることができなかった肉便器さんのホスト姿がこの漫画で実現に!?

風雲急を告げる唐房家、肉兄さんの暴走で爵位はどうなってしまうのか!?

次週へ続く!!


(『華と修羅』 第6話 〜完〜)







・・・さて、如何でしたでしょうか今週の 『華と修羅』。

前半こそ特に見るべき点はありませんでしたが、

後半ママが逆襲始めてから肉兄さんのコスプレまで怒涛の展開となり

そして最後には肉兄さんのホスト発言まで飛び出す始末。

肉兄さんがホスト!? 一体どうなってしまうのか。

おそらく前作・夜王のごとくホスト日本一決定戦みたいな展開が始まり、

そこで肉兄さんが日本中のホスト・・・ いや肉便器達と戦うのですよ!

肉便器最大トーナメント編! これは昂ぶりが鎮まりませんね!

グラップラーバキでは東京ドームの地下に闘技場作って戦ってましたが

華と修羅では熱海秘宝館の地下に闘技場を作り、

そこで日本中から集めた肉便器達が肉と肉とのぶつかり合い!

最強の肉便器が見たいか!? ワシもじゃ、ワシもじゃみんな!!


全選手入場!!







神殺しは生きていた! ジャンプで規制された男がウルトラジャンプで甦った!

暗黒の破壊神 ダークシュナイダーだァー!!





組み付きしだい血を吸いまくってやる!

ジョナサンの身体でやりたい放題 ディオ・ブランドーだァー!!





史上最強の雄(オス)が降臨するッ!

世界中の俺の息子発言はどうしたッ 範馬勇次郎!!





愛人の数は日替わり365人!

連載再開はいつになるんだ 財全グループ総統 財全無量だァー!!





ギャンブルは3階級制覇だがビッチの扱いなら全階級私のものだ!

阿鼻谷ゼミ塾長 阿鼻谷零侍!!





実の子の扱いはすでに我々が完成しているッ!

躯のパパ 痴皇だァー!!





浮気されたら仕置きの開始ッ!

やってくれた喃(のう) 岩本虎眼先生だァー!!





エンジョイ&エキサイティングならこいつが怖い!

黒犬騎士団団長 ワイアルドだ!!





タイマンなら絶対に敗けん!

猫柳建設所属 高原美奈子(通称:タカさん)、女性で唯一の参戦だァー!!





(性的な)全格闘技のベスト・ディフェンスは私の眼鏡の中にある!!

BLゲーの神様が来たッ 鬼畜眼鏡こと佐伯 克哉!!





ナァァァァァイスボート! 説明不要!

誠死ねだッ!!





女性の前でならオレはいつでも全盛期だ!

実の子も孫も関係なしッ 実は誠の父親 沢越止だ!!





タクティクスオウガでLルートに進んだ衝撃は忘れない!

さっすが〜オズ様は話がわかるッ オズ・モー・グラシャス!!





ウォールマーケット四千年の性技が今ベールを脱ぐ!

女装の男だって構わず食っちまうんだぜ FF7から ドン・コルネオだァー!!





今日も楽しく人形遊び! ( ゜∀゜) フハハ八ノヽノヽノ \ / \/ \!!

変態ハリー・ポッター レザード・ヴァレス!!













若き王者が帰ってきたッ

どこへ行っていたンだッ チャンピオンッッ







俺達は君を待っていたッ 唐房 新の登場だーーッ!!





















↑勇次郎ポジションの人。






井上先生の『華と修羅』レビュー (第7回) 2010/08/03(火) 00:00


はい皆さんこんばんわ。 L&M管理人の遊星です。

いや〜やりましたよ! 前回書いた

『金田一少年の事件簿でオサレな殺され方した被害者ベスト10』

いろんなニュースサイトに紹介して頂きました〜!!

これだけいろんな人からアクセスがあったのも久しぶりだね!

昔はサスケAV、シャアAV、武装錬金大人買い、アーダン一人クリアなんかも

いろんなニュースサイトに紹介して頂いたなぁウンウン。 (^ー^ )

そんなわけで今遊星さんはテンションMAX!! なんでもやっちゃうぜ状態!

この調子で 『華と修羅』 レビューも書き上げちゃうよウヒョヒョーイ!!

あのレビューは1回で4時間も5時間もかかるから

テンション上がってる時じゃないと書けないんだよね。

さぁまずは画像だ! 携帯の写メで画像を撮らないと!!

画像がなくっちゃレビューは書けないからね!

今週のヤングジャンプはどこいった!?

おいヨメ! 俺のヤンジャンを持って来い! おいヨメー!! (^ー^ )












ヨメ

 「え、捨てたけど・・・。





















 (^ー^ )


























大正ゴシック・サーガ

『華と修羅』 レビュー
 (第7回)





(※ヨメにヤングジャンプを捨てられてしまったため、

 今回は画像が一部いつもと異なります。 あらかじめご容赦ください)






あらすじ>


唐房家で毎年恒例の夜会が催され、集まる各界の著名人達。

だが、主人である毀 (こわし) は不在で

代理として長男の新 (あらた) が夜会のホストを務めていた・・・。




























































(※コピーを多用してますが、仕様です。)




















『華と修羅』 第7話 〜完〜















決めた。 オレ漫画家になる。


だって見てくださいよ私が描いた上の漫画。 最高じゃないですか。

オレ、今の会社辞めて漫画家になる。 ジャンプでアンケート1位をとる。

そんでアニメ化したら好きな女の子に声優やってもらうんだ。

ライバルは新妻エイジ先生なの! 福田組に入って若手の力を伸ばすの!

ペンネームは亜城木夢叶に対抗しておっぴろげ武藤とかにするの!

あぁ、あと皆さんには言い忘れましたが

『華と修羅』 のレビューは今回が最終回です。

え? じゃありません。 今回が最終回です。

もういい加減4時間も5時間もかかるレビューを毎週書くのは疲れるし、

このレビューと金田一君のせいで

私の夏休みが3日ほど潰れたんですよ!

貴重な休みの日に部屋にこもって

肉便器を写メで撮る作業はもうイヤなんですよ!

でも大丈夫! 安心してください。

私はもう華と修羅レビューを書くことはありませんが、

代わりにバキやシグルイのレビューでお馴染み、

だったらイケるぜ!のとらさんが書いてくれるはずです。

これを見たとらさんも 「え!?」 と驚いているかもしれませんが、大丈夫。

きっととらさんが毎週書いてくれるはずです。

とらさんもこないだシグルイが終わったので

きっとネタに困ってるにちがいないし、

この私からの素晴らしいプレゼントに嬉し涙を涙してるに違いありません。

『だったらイケるぜ!』 といえば毎週書いてるバキのレビューですが

バキなんて3週くらいレビュー書かなくても全然問題ないですし。

私が華と修羅レビュー書くと4時間も5時間もかかってしまいますが

とらさんならチョチョイと20分くらいで書いてしまうはずです。

そんなわけで私はもう華と修羅レビューを書くことはありませんが、

代わりにだったらイケるぜ!のとらさんが書いてくれるはずです。

大丈夫! レビューを書いたら大手情報サイトである

ゴルゴさん朝目新聞さんがリンクを貼ってくれますよ!

あの2サイトに紹介されたらそれはもうお客さんがドカドカ押し寄せて

1日のアクセス数もゴイスーな事に! やったねとらさん!

ただあの人達はレビューがつまんないと

本気でリンク貼ってくれないので注意が必要だよ!

だからとらさんはおもしろいレビューを書いてリンク貼られるよう頑張ってね!

まぁとらさんくらいおもしろいレビュアーだったら

さぞおもしろいレビューが書けるでしょうよ!


(※その昔、私ととらさんが渋谷のマクドナルドで初めて会った際に

 周りが渋谷のオシャレな若者ばっかりだったので私もその空気に溶け込もうとしたら

 とらさんが開口一番、 「遊星さんはどんな漫画を読んでますか?

 僕は『あぁっ女神様』 が好きでねぇ!」 と大きな声で言ったのを

 遊星さんは未だに根に持っています





とりあえず、『華と修羅』 レビューはこれにて一旦完結です。

楽しみにしていた人はごめんなさい。

今まで読んでくださり、ありがとうございました。


L&M管理人 遊星



華と修羅レビュー(特別編) 2011/07/24(日) 00:00


なでしこジャパンが優勝した瞬間をオバマ大統領もテレビで見ていた、

というニュースを聞いたヨメが一言。


 「へぇ。 オバマ大統領も早起きしたのねぇ




時差考えろ。 遊星です。




さあそれではいきましょう!

やればやるほど主婦層が離れていくこの企画!










大正ゴシック・サーガ

『華と修羅』 レビュー
 (最終回)




さて前回、ヤングジャンプ本誌で最終回を迎え

これでやっとレビューもおしまいかぁと思ったら2週間後に特別編掲載という

わりと本気でいらないフェイントをかましてくれた華と修羅。

ははっ、面白いね。 面白い冗談だねぇ(^ω^ # )(ビキビキ)

こんなに面白いのは 「そろそろプチトマトを収穫しようかな」 と思い庭に行ったら

てんとう虫に葉っぱ食われて全滅してた時以来ですが、

さてそんなわけで華と修羅。 買ってきたヤングジャンプをペラッとめくると

舞台は、整った。 男を、魅せる時

のアオリと共にどうやら慎太郎がいよいよ襲爵するご様子。

舞台は整ったというか連載的には幕が閉じてる状態ですが、

それはともかくこの漫画もついにフィナーレです。

連載期間の1年、思えばこれまでいろいろありました。

第1話では近所のガキんちょと遊んでるだけだった慎太郎少年が

母親の突然の死、兄弟からのイジメ、父親の暗殺未遂を経て成長し、

肉兄さんの 「奴の男根、そして心も締め付けい」 発言、

ほっこり兄さんの 「QTS(急に 昂ぶりが 鎮まらんので)」 発言、

そしてこの漫画のレビューがめんどくさくなったのでとらさんに無茶ぶりしたら

なぜかレビューバトンと称していろんなサイト管理人さんがレビュー書くはめになり、

バトン渡された人も 「え、うちに回ってきちゃったの?」 「うわー嫌だー!」 などと

どう見ても不幸の手紙みたいな扱いになっていたりと

本当にいろいろな事が起こってここまで来たのです。

レビューバトンの件はとらさんにコミックス30冊買わせるからいいとして、

それはともかく華修羅。 冒頭では慎太郎と我らが肉兄さんが話をしているようです。

前回で寝たきりとなり 「真知子よ・・・ 汗を拭いてくれ・・・」 のセリフで爽やかに締めた肉兄さん。

きっと今回も爽やか兄さんなんだろうなぁと思ったら











なんかモッサリしてました。


え、これ肉兄さんなの!? ひ、ヒゲよぉ! ヒゲ過ぎるわよぉーっ!!

真知子よ・・・ ヒゲを剃ってくれ・・・。

まぁ真知子はんは汗を拭く事しかできないのでしょうがないのですが、

さて慎太郎がなんで肉兄さんのところにやってきたかというと、

なんでも襲爵お披露目パーティを明日に控えたこの日

慎太郎はどうしても 「この家を守ることを誓います」 と肉兄さんに言いたかったのだとか。

それを聞いた肉兄さんも


この家の財を狙う者、その地位を利用しようとする者に気をつけろ


と親身になってアドバイスします。

この家の財を狙う者、その地位を利用しようとする者。

ちょっと前の貴方の事ですねというツッコミはさておいて、

そして神妙な顔つきとなった肉兄さんが慎太郎に言います。



 「慎太郎よ 頼みがある」


 「なんでしょう」






 「私を殺してはくれぬか




まさかのキル・ミー発言。

なんでもこの身体になっても死ねない、自分でも死ぬ事ができない。 それが何よりも辛いとの事。

肉兄さんは生きる事に絶望しているのか、それとも過去の行いに対する贖罪か。

それに対して慎太郎は―




 「お断りします。

  兄上、貴方を恨んでいる者たちは未だたくさんおります。

  貴方は生き続けなくてはなりません。 逃げる事は許されません。

  いや・・・許しません





きっぱりと拒否する慎太郎。

甘さのない、唐房家の当主としてのこの発言に慎太郎の成長が伺えます。







 「ふふ・・・ 新当主は厳しいな」


 「貴方の弟ですから」



と、かつて跡目を争った兄弟同士の爽やかな会話でこのシーンは終わります。

そこには遺恨も怨嗟もない。 あるのはただ、兄弟愛のみ。

いいですよね、兄弟愛。 争う日々もあったけど、最後に兄は弟の背中を見送ります。

やはり兄弟同士は仲が良いのが一番・・・


















あ。







わ、わわわ忘れてたわけじゃないのよ! うん、忘れてたわけじゃないの!!

ただちょっとその・・・ ごめん、やっぱり忘れてたわ


(なおほっこり兄さんはこの特別編でも出番・セリフが一切ありませんでしたが

 皆さんの心の中にずっと生き続けるのです。 迷惑ですね)









 ちなみに美しき兄弟愛のシーンで涙を流す真知子さん。

 きっと頭の中では

 「キャー、慎×肉よ! 気弱な肉に対して慎様攻めよ!!

  この夏は慎×肉の肉総受け本で決まりね! 本が薄くなるわ・・・


 とか考えてるに違いないですよ!

 もう、ホント真知子はんはエッチだなぁ!(プンプン)













なでしこジャパンが優勝して日本中が感動してるというのに

なんで僕は慎×肉について語っているのかさっぱりわかりませんが、

まぁ慎×肉の薄い本はゴルカムあたりが描いてくれるからいいとして、

翌日、慎太郎はついに襲爵の日を迎えます。

このお披露目パーティーには華族はもちろん政治家や経済界の重鎮、新聞記者など

多くの人が唐房家の次代の当主を見るべく集まっています。







この時ばかりは主役である慎太郎も爵服にて着飾り、

妻であり大ヤケドを負った百合子を隣りに出番を待っている状態です。

やっぱり百合子さんのヤケドがトーンをケチっただけにしか見えないのですが、

やがて司会進行役が 「これより唐房家当主より挨拶があります」 と場の皆さんに告げます。









そうそう挨拶ねってハゲでホモの真壁さんやないの!!

あれだけ物語序盤から 「爵位は慎太郎様が継ぐべき!」 ってアゲアゲしておいて

肉兄さんにホモであることがバレたら光の速さで寝返った

ハゲでホモの真壁さんやないの!!

てっきり唐房家クビになったかと思いきやここでまさかの真壁さんが再登場。

井上先生もこいつに出番あげるんだったらほっこり兄さん出してやれと思うのですが、

ともかく現当主である唐房毅(こわし)パパンに挨拶してもらう事に。

んじゃパパンの登場だねと舞台裏を見ると

暗殺事件から体調が戻らなくて顔色最悪、呼吸も弱い、立つ事もままならないと

一時期の海老蔵並みにひどい状態になっているパパンの姿。

パ、パパン! 寝てなきゃダメだよパパン!!

心配する周囲をよそにパパンは気丈に振舞い、

そして 「私の生き様をしっかり見ておけ!」 と本来フラフラの身体に鞭打ち

大勢のお客様の前で見事な挨拶を行うパパン。 立派だよパパン!

そして舞台から降りたと同時に吐血ぱ、パパーン!!

それを見て 「これはいかん! すぐに車を! 会は中止だ!」 と走ってくる真壁さん。







なんと見事な井上走り・・・! (ゴクリ)

この真壁さんの井上走りが笑っちゃうせいで

パパンの決死の挨拶が台無しになってるわけですが、

そんな真壁さんの心配を余所に

「慎太郎! お前も唐房の人間なら何をすべきかわかっておるな!」 と怒鳴るパパン。

それを見てコクンとうなづき、慎太郎は百合子さんと共に壇上へ!

そして・・・





ごきげんよう皆さん!

 私が唐房家第十六代当主 唐房慎太郎です!!








・・・



・・・



・・・




― 時は流れて、2011年4月某日―。

東北地方を襲った東日本大震災により壊滅的な被害を受けた日本。



被災地の状況をテレビで見ていた子供達が、「大丈夫かなぁ?」 と心配そうにつぶやきます。

それを傍らに見ていた一人の老人が、子供達に 「大丈夫だよ」 と優しく諭します。

その老人とは―








 「私は何度も見てきた。 日本人の強さを。

  今回も立ち上がるさ。 前よりも強く!


唐房慎太郎 109歳 最後の華族と呼ばれている―










『華と修羅』 これにて完結!!


終わった! とうとう終わってしまいました華と修羅!!

そして慎太郎、今もどこかで生きてるんですね。

慎太郎が 「最後の華族」 ということはもう肉兄さんや百合子さんも生きてはいないわけで、

そういうところは一抹の寂しさが残ります。

まぁほっこり兄さんはホリエモンという名前で今もブタ箱に入ってますが、

ともかくこれにて華と修羅は完結です。 皆様も最後までこのレビューにお付き合いくださり

本当にありがとうございました。





それでは最後に、華と修羅完結記念ということで

今までの本作品を(ネットの中で見つけてきた)画像と共に振り返る企画、題して

画像で振り返る華修羅 〜奴の男根、そして心も締め付けい〜』

皆様とお別れしたいと思います。

それでは皆様、また別のレビューでお会いしましょう! ごきげんよう!!





























































































































































































































































































































華と修羅レビュー(最終回) 2011/07/04(月) 00:00


漫画文化の国、日本――


数多くの漫画という作品を生み続ける国、日本。

古くは戦争の時代から、そして一人の神様の出現をきっかけに

日本は多くの漫画を生み出し続けてきた。

我々日本人は子供の頃から漫画に親しみ、時には笑いを、時には涙を

漫画という文化から学び続けてきた。

生まれては消え、そして消えては生まれる漫画という作品の数々。


そして今週もまた―


ひとつの漫画が、その物語を終える―。










大正ゴシック・サーガ

『華と修羅』 レビュー
 (最終回)




はい、そういうわけで原作の方がヤングジャンプで最終回となりましたため

約1年ぶりの華と修羅レビューですよ!!

今までありがとう井上先生! 原作者の谷本先生もありがとう!

そしてお疲れ様コピー機!!

前ページのキャラがそのまま次ページに載ったり、拡大縮小、向きを変えたりしつつ

1度描いたキャラを2度3度と使いまわすべくフル回転した井上先生のコピー機。

僕が思うにヤングジャンプでこの漫画が最終回となったのは

人気が無くなったとか井上先生の体調が悪くなったとかではなく

節電によりコピー機が動かせないからだと思いますが、

それはともかく、いきなり最終回のレビューを始めても読者の皆様は

キャラとかストーリーとか忘れてると思いますので、

ここ数ヶ月の各キャラの動向などをまとめてみました。





■唐房 慎太郎 (主人公)

近所の子供達と遊んで毎日ボケーっとしてるだけの青年が

母親の死、父親の暗殺(未遂)、兄弟・義母からの折檻を経て

華族としてのあり方、そして愛する人を守るべく唐房家の長を目指す慎太郎。

自分で書いててそういやそんな漫画だったなと思い出す次第ですが、

その後 「庶民の暮らしを学びたい!」 と長屋に住んでアゴヒゲ生やしたり

途中ホームレスになってヒゲボーボーになったり、

家に戻った際はJUNONボーイみたいなサラサラヘアーになったりと

何回イメチェンしてんだと言いたくなる変身っぷり。

松田聖子かお前は。

唐房家の爵位を継ぐためには唐房家評議会を務める5人のうち

3人から推薦状をもらう必要があり、慎太郎は新(あらた)兄さん達に勝つべく

評議会のメンバーと会う事となる。





■君島 百合子 (ヒロイン)

君島子爵の娘&顔がキレイだったため

大正が生んだ鬼神・肉兄さんに目を付けられたかわいそうな娘っこ。

兄さんに誘拐されるわ勝手に許婚(いいなずけ)にされるわ、

兄さんとの結婚を拒んだら火事で表向き死んだことにされ

裏では兄さんに監禁されるわというド不幸っぷり。

もう諦めて兄さんと結婚すればいいんじゃないかな。

ちなみに今は火事でのヤケドで顔を見せる事ができないらしく

覆面をかぶって顔を隠すというマスク・ド・百合子の姿で登場。




(マスク・ド・百合子)

そのマスク姿は中々サマになっているので、そのうち

ネプチューンマンとビッグ・ザ・武道が狙いにくると思われます。






■美彦兄さん (ほっこり兄さん)

「もうボクは兄さんの言いなりにはならないブヒー!」 と

欲に目がくらみ新便器兄さんを裏切ったところ、

ものの見事に返り討ち → 暴走・破壊行為 → 警察に捕まる という

大正時代を代表する小物っぷりを見せ付けてくれたほっこり兄さん。

見た目がホリエモンみたいだなと思ったら逮捕→ムショ暮らしという

実生活までホリエモン状態となったほっこり兄さん。

ありがとうほっこり兄さん。 さようならほっこり兄さん。

貴方の事はあと10秒くらいしたら忘れます。






■真壁さん

唐房家評議会メンバーのうちの一人。 決して賭郎立会人ではありません。

連載初期から慎太郎に爵位を継がせるべく影に日向に支えており、

まぁこいつの推薦状は慎太郎で決まりだなと

誰もが思っていたところ・・・


 真壁さん、トレンチコート+帽子という格好で夜の街を歩く

  ↓

 どうやら恋人のところへ逢引きに行く模様

  ↓

 そこに現れたのは肉便器兄さん!!

  ↓

 兄 「フッフッフ、真壁。 お前にこんな恋人がいるとはな・・・」

  ↓

 読者、ページをよく見る。

  ↓






 



ゲゲエーッ!! 男(おとこ)ーッ!?


 
真壁さん、まさかのホモ野郎。

ほ、ほほほほほホモて! 昂(たかぶ)りが鎮まらんのだ!!

というか井上先生は一体なに描いてるの!

掲載順もどんどん後ろに下がってきて連載がヤバいというのに

ここにきてハゲと角刈りのホモ話! そんなの誰も読みたくないよ!!

で、どっちが受けなの? (興味津々)

そんなわけで男色家が肉兄さんにバレてしまった真壁さん(受け)

更に肉兄さんが 「じゃあこの角刈りクンのチンコ切っちゃうね?」と脅したところ

推薦状書く! 書きます いくらでもおおおおお!!」 と

ほっこり兄さんばりのへたれっぷりを披露してあっさり寝返ります。

そんなに角刈りのチンコが大事か。

そして真壁の推薦状は肉便器兄さんがゲット。 (恋人のチンコは真壁さんがゲット)

事情を知らないまま裏切られた慎太郎、当然 「なぜです!?」 と真壁を問い詰めます。

さぁ、どう答える真壁さん!?


真壁 「慎太郎様は理想が過ぎる。 華族は綺麗事だけでは成り立ちません」(キリッ)



お前は一体何を言ってるんだ。

さすがに唐房家の未来と恋人のチンコを比べた結果

恋人のチンコをとりましたとは言えない真壁さん。

その後肉便器兄さんの命令で慎太郎にボディーブローをかまし

反撃のワンパンでブチのめされる真壁さん。


これが・・・ 唐房家評議会・・・! (ゴクリ)




■真知子 (女中)

唐房家に仕える女中で、実は慎太郎のことが好き。

が、その慎太郎を好きなところを大正が生んだ鬼神・肉兄さんに目を付けられ

手篭めにされるわセクハラされるわ、

ヤツの男根、そして心も締め付けい! 」 と無茶な命令までされる。

ちなみにこの 「ヤツの男根、そして心も締め付けい!」 というセリフは

私の将来言ってみたい台詞ベスト3に入っています。 (関係ない)

最近は心の底では肉兄さんに惹かれている模様。






■新(あらた)兄さん (肉便器兄さん)


渋谷の若者達100人に 「”兄さん” といえば?」 と聞いたところ

2位の若乃花を大きく引き離したという我らがヒーロー・肉便器兄さん。

文部科学省が選ぶ世界三大肉便器の一人でもある。

そのご活躍ぶりはヤングジャンプ誌上でもご健在で、

肉親に対する暴力行為・恐喝行為はもちろん

婦女暴行、拉致監禁、器物破損、詐欺、果ては殺人未遂と

見事なまでのクソ野郎っぷりを披露してくれます。

フッ、俺たちもとんでもない兄さんを持っちまったもんだぜ。

ラスボスとしてこれ以上ない存在感を発揮する新(あらた)兄さん。

さぁ、唐房家の爵位を継ぐのはどちらだ!?



先週までのあらすじ>

 ・火事で死んだと思われていた百合子が実は生きていて、

  肉便器兄さんに監禁されていたことが判明。


 ・肉兄さん、慎太郎に 「百合子に会いたくば、爵位を諦めろ!」 と恐喝。


 ・慎太郎、これを受け入れ爵位を諦める。 そして百合子の下へ。


 ・顔のヤケドによりマスクをしている百合子。

  慎太郎を愛しているも、こんな醜い自分が慎太郎の近くにいていいはずがない。

  悩む百合子。 そして百合子は・・・


  なんと崖下へ身投げする!!







 

 肉兄さんを巻き添えにして!!





に、肉兄さーーーん!!

はるか下の森へ、百合子が肉兄さんの腕をつかみ強引に投身自殺!

突然の出来事に焦る肉兄さん! 果たしてどうなるのか!?

肉兄さんの野望はついえるのか!? そして爵位は!?

そして物語は激動の最終回へ!!





さて今週の華修羅(最終回)。

前回、まさかの百合子の投身自殺に巻き込まれた肉便器兄さん。

これがキン肉マンだったら肉兄さんがなんとか体制を入れ替え

48の必殺技・キン肉ドライバーを習得。

そのまま金のマスクを賭けて悪魔将軍と死闘を演じるところですが、

どっこいこれは華と修羅。 無事であるはずがありません。

百合子と共に崖下へ落ちたはずの肉兄さんが目を覚ますと―


そこは病院のベッドの上でした。





 


 肉 「ここは・・・?


 真知子 「病院ですよ・・・。 重症ですが助かったのです、新(あらた)様


なんとか生きてた、肉兄さん!!

どう見ても30mはあろう高さから落ちても助かった肉兄さん。 普通の漫画なら死んでたよ!

これが井上先生の漫画で良かったです。 なんとか致命傷で済みました。

いや〜良かった、さて早速目の前にいる真知子ちゃんを頂こうかな、と

上体を起こそうとするも、なぜか起き上がる事ができない肉兄さん。

すると真知子が泣いています。 あれだけ酷い事をされた新(あらた)に対し

軽蔑ではなく、同情する様な眼差し・・・


そして、新(あらた)は気付きます。









そうか・・・ 私の体はもう・・・ 元には戻らぬのだな


新(あらた)兄さん、脊髄損傷による半身不随!!

この衝撃の事実に本来であれば醜く取り乱してもおかしくないはずですが、

兄さんはどこか悟った様な表情をしております。

かつて権力を盾に暴虐の限りを尽くした新(あらた)兄さん。

その兄さんも、「いつかこんな日が来る」 とわかっていたのかもしれません。



 「真知子・・・ なぜ私の元を去らぬ? 今や私に貴様を拘束する力などない。

  ここを出れば自由になれるのだぞ



 「新(あらた)様は・・・ わたくしが去ることをお望みですか・・・?


新(あらた)兄さんはこの怪我によりもう一生表舞台に出ることはできません。

全てを失くした今、過去に手酷い事をし、それでもなぜか自分の元にいる

女中の真知子に 「私の世話なんかするな。 どこかで男を見つけて幸せになれ」と

冷たく言い放ちます。

しかし、それでも真知子は新(あらた)に向かって叫び続けます。


 「なぜ一生世話をしろと申しつけ下さらないのです!

  なぜ今になって幸せになれなぞと!!

  ここにきてその様な・・・ それではとてもお側を離れられません・・・



これに対して新(あらた)兄さんは!?




 



 


 「ふん・・・ 真知子よ・・・ 汗を拭いてくれ・・・

 「はい・・・



肉兄さん、最後の最後で幸せを掴む!

いや〜 良かったです。 それまで周りには権力に媚びるか利用しようとする人間ばかりで

信用できる者など誰一人としていなかった肉兄さん。

それがここで! 最後の最後で真知子はんが!!

かつて 『夜王』 では肉兄さんそっくりのキャラが


 「お前さえよければ俺の生涯の肉便器にしてやってもいいぞ・・・

  いや、なれ!



などと有史以来最低のプロポーズを言い放ってましたが、

こっちの肉兄さんの最後のセリフは 「汗を拭いてくれ」 と爽やかに締めました。

まあどうせ最後なので


 「お前さえよければ俺の汗を拭かせてやってもいいぞ・・・

  いや、拭け!



と言っても良かったかもしれません。 (いや良くはない)


さて場面は変わって慎太郎サイド。







 「百合子・・・」


 「慎太郎様・・・」


ベッドには森へと落ちたはずの百合子お嬢様が寝ています。

ここで百合子が開口一番

「これがホントの森ガール」 と言ったらおもしろいのですが、

とりあえず大きな怪我もなく全身無事なご様子。

あれだけの高さから落ちてかすり傷のみという奇跡のような状態で、

なんで助かったのかというと木の枝に引っ掛かったからだとか。

クマのプーさんかお前は。

致命傷で済んだ肉兄さんとは大きな違いですが、

それでも顔のヤケドが気になるのか 「私に近づかないで!」「消えてください!」 と

このごに及んで大騒ぎをする百合子嬢。

それを見た慎太郎はナイフを取り出します。

そして慎太郎がとった行動は・・・







慎太郎、ナイフで自ら失明に!


この慎太郎、生来目が見えぬ!!


「百合子の心を開くためなら・・・」 となんと自らの目を傷つけた慎太郎。

慎太郎、すごい根性です! とても連載第1話目で

百合子にチンコ見られてともだチンコ状態だった男と同一とは思えません。

そして自らの目を傷つけた慎太郎を見て、もう逃げませんとばかりに

百合子もヤケドを隠していたマスクを取り外します。



 


そうそうこの顔ねってヤケド大したこと無いなオイ!!

なんなのこれ! キミこれであんな大騒ぎしたり肉兄さん巻き添えにしたりしたの!?

クレアラシルでも塗っとけと言いたくなりますが、

すごいです。 まさかこの程度のヤケドであんな大騒ぎしたとは思いませんでした。

これは百合子の冗談なのかマジなのか、

はたまた井上先生がトーンをケチったのかはわかりませんが、

ともかくこれで晴れて2人は結ばれ、爵位は慎太郎のものとなりました。









こうして唐房家の壮絶なお家騒動は終結し 爵位は三男・慎太郎が継承した―


関東大震災 昭和恐慌 そして世界大戦後の華族廃止・・・


唐房夫婦は激動の近代日本で 多くの教育、保育、養護施設を建設


その社会活動は高い評価と尊敬を集めた


修羅たちが蔓延(はびこ)る この荒涼たる世界において


枯れない花を咲かせたのである――




華と修羅 〜完〜












終わりました!!!

終わりましたよ皆さん! ついに華と修羅が最終回となりました!

今から1年前、『夜王』 でシリアスギャグを極めた井上先生の新連載ということで

見切り発車でレビューを始めてから約1年!!

まあレビュー自体は最初の2ヶ月でやめたんだけど

それでも華と修羅のレビューもここで完結ということとなりました!

そういえばレビューやめる際に 「他の人に続き書いてもらおう!」 と思い

だったらイケるぜ!』のとらさんに無茶振りしたところ、

なぜかレビューが持ちまわり制になっていろんなサイトに迷惑をかけました。

もうね、僕は殴ってやりたい。

あの日、「続きはとらさんが書いてくれまーす!!(^ー^ )」 と言って

とらさんに丸投げした自分自身を殴ってやりたい。

こんな迷惑なことして! そしてそれが他の皆さんにも派生して!

なにが続きはとらさんが〜だよ! 自分一人で終わらせるんだよ!

本当、その節はとらさんにも皆さんにもご迷惑をおかけしました。

今後この様なことがないよう、この遊星、気をつけたいと思います。





いや〜それにしても終わった! やっとこの華修羅レビューも終わったよ!

いや〜長かったよウンウン! もう終わり終わり! 終わりだよ!!








この最後のページで華と修羅も見納めなんだなぁ。

そう思うと感慨深いなぁ、うんうん。




・・・おや?



このページ、一番下になにか文章が書いてあるぞ?

なになに? えーと 「ヤングジャンプ33号に・・・」











「YJ33号に、慎太郎の襲爵を描く特別編掲載!!」





なん、だと・・・?


と、特別編て・・・ だってこれもう最終回・・・

え、またレビューするの・・・? もうそんな時間ない・・・


・・・え? ・・・え?



え、えと、その・・・ あの・・・

つ、つつ・・・










続きはとらさんが書いてくれまーす!! (^ー^ )





INDEXへ

inserted by FC2 system